コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーランド ポーランド Poland

翻訳|Poland

2件 の用語解説(ポーランドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ポーランド(Poland)

ヨーロッパ東部の共和国。首都ワルシャワ。国土の大部分は平野で、鉱物資源も多く、農業・鉱工業が主産業。10世紀に国家が成立し、14~15世紀には大王国を形成。その後衰え、18世紀末に3回にわたりプロイセンオーストリアロシアに領土を分割された。のち1918年独立。第二次大戦中はドイツ・ソ連に分割占領されたが独立を回復し、1952年に人民共和国、1989年には共和国となった。現在は住民の多くが西スラブポーランド人でカトリック教徒。人口3846万(2010)。ポルスカ
[補説]「波蘭」とも書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ポーランド【波蘭】

ヨーロッパ中部、バルト海の南岸に面する共和国。東はベラルーシ、西はドイツと国境を接する平原の国。ライ麦・燕麦えんばく・ジャガイモなどを産出する。豊富な石炭・鉄資源を背景に鉄鋼・機械工業が発達。一〇世紀、統一国家が成立。一八世紀末、三回にわたりプロイセン・ロシア・オーストリアに分割され、滅亡。1918年共和国として独立したが、39年ドイツ・ソ連に再び分割・占領される。44年独立を回復。47年人民共和国となり、89年現国名に改称。住民はスラブ系でカトリック教徒が多い。首都ワルシャワ。面積32万3千平方キロメートル。人口3850万( 2005)。正称、ポーランド共和国。 〔「波蘭」とも当てた〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーランドの関連キーワードヨーロッパ通常戦力条約烏克蘭洪牙利ヨーロッパトルコヨーロッパロシアマルシャウコフスカ通りミニヨーロッパワルシャワ蜂起記念碑モルドビア[共和国]ヨーロッパ級

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポーランドの関連情報