コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥つ城 オクツキ

デジタル大辞泉の解説

おく‐つ‐き【奥つ城】

《外界から遮られた奥まった境域の意》墓所。また、神道では、神霊を祭ってある所。神の宮居。おきつき。
「亡母(はは)の墳塋(おくつき)を訪うて」〈木下尚江良人の自白
「大伴の遠つ神祖(かむおや)の―は著(しる)く標(しめ)立て人の知るべく」〈・四〇九六〉
[補説]「奥津城」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おくつき【奥つ城】

〔「つ」は格助詞〕
墓。墓所。
外界からさえぎられた霊域。 「大伴の遠つ神祖かむおやの-は/万葉集 4096

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

奥つ城の関連キーワード植松有信行き来格助詞妻問ふ夫問ふ大伴良人自白亡母注連著し神祖

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android