注/註(読み)チュウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう【注/×註】

本文の意味を詳しく説明したり補足したりするために、本文の間に書き込んだり、別の箇所に記したりする文句。その位置によって頭注・割り注・脚注などという。「―を付す」「―を加える」「訳者―」

ちゅう【注】[漢字項目]

[音]チュウ(慣) [訓]そそぐ つぐ
学習漢字]3年
液体をそそぎ入れる。「注射注入注油灌注(かんちゅう)
ひとつ所に集中させる。「注意注視注目傾注
本文のわかりにくい箇所に説明の言葉を入れる。「注解注記注釈脚注校注頭注評注補注傍注訳注
しるす。要件を書きつける。「注進注文受注発注
[補説]34は「」と通用。
[難読]注連(しめ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の注/註の言及

【注疏】より

…中国の儒教の正典である経書を解釈したものを〈注〉といい,注をさらに詳しく解釈したものを〈疏〉という。注は,ときに伝,箋(せん),解,学ともいうが,それらを総じて注という。…

※「注/註」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android