(読み)チュウ

  • そそぎ
  • 注/×註
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

本文の意味を詳しく説明したり補足したりするために、本文の間に書き込んだり、別の箇所に記したりする文句。その位置によって頭注・割り注・脚注などという。「―を付す」「―を加える」「訳者―」
[音]チュウ(慣) [訓]そそぐ つぐ
学習漢字]3年
液体をそそぎ入れる。「注射注入注油灌注(かんちゅう)
ひとつ所に集中させる。「注意注視注目傾注
本文のわかりにくい箇所に説明の言葉を入れる。「注解注記注釈脚注校注頭注評注補注傍注訳注
しるす。要件を書きつける。「注進注文受注発注
[補説]34は「」と通用。
[難読]注連(しめ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古くは「そそき」。動詞「そそぐ(注)」の連用形の名詞化) 水などが飛び散ってかかること。
※古今六帖(976‐987頃)三「くだら川かはせをはやみあかこまのあしのそそきにぬれにける哉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【注疏】より

…中国の儒教の正典である経書を解釈したものを〈注〉といい,注をさらに詳しく解釈したものを〈疏〉という。注は,ときに伝,箋(せん),解,学ともいうが,それらを総じて注という。…

※「注」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

注の関連情報