コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰定帝[元] たいていてい[げん]Tai-ding-di; T`ai-ting-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泰定帝[元]
たいていてい[げん]
Tai-ding-di; T`ai-ting-ti

[生]至元30(1293)
[没]致和1(1328)
中国,元の第6代皇帝 (在位 1323~28) 。諱はイェスン・テムル (也孫鉄木児) 。顕宗ガマラ (甘麻剌) の長子。大徳6 (02) 年晋王となり,北辺鎮護の任にあたった。北方領主とモンゴル宮廷官僚との権力闘争に巻込まれ,至治3 (23) 年英宗を殺した権臣テクシ (鉄失) 一党が彼を漠北に擁立した。即位後テクシ一党を誅殺して名分を正し,大都の漢地派を慰撫したが,上都に拠る北方派政権としての色彩が強く,科挙廃止,漢人抑圧策を採用。死後皇太子天順帝が即位したが,漢地派の反乱でたちまち上都は陥落し,その擁立した明宗が即位した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

泰定帝[元]の関連キーワード大徳長子名分至治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android