洋ラン(読み)ようらん

日本大百科全書(ニッポニカ)「洋ラン」の解説

洋ラン
ようらん

園芸界では、植物学上の分類とは別に、ラン科(APG分類:ラン科)植物を東洋ランと洋ランに分けることがある。明治時代になり欧米から、熱帯ないし亜熱帯原産で、花色の美しいランが導入され、これらを、日本で古くから栽培されてきた東洋の温帯産のラン(東洋ラン)と区別して、西洋ランまたは洋ランとよぶようになった。洋ランにはパフィオペジラムカトレアデンドロビウムオンシジウム、バンダ(ヒスイラン)、ファレノプシス(コチョウラン)など多くの属があり、ほとんどが着生種である。色彩が豊富で大形の交雑種が多数つくられ、切り花としても多く用いられている。

[唐澤耕司 2019年5月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android