コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洋上補給 ようじょうほきゅう underway replenishment

1件 の用語解説(洋上補給の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ようじょうほきゅう【洋上補給 underway replenishment】

海洋上で艦船から艦船またはヘリコプターに,燃料,真水,糧食,弾薬等を補給すること。艦船等が基地から遠く離れた海面で長期連続して行動する場合,洋上補給不可欠である。19世紀に軍艦が汽走になってから石炭を移載したのが始まりで,1902年イギリス戦艦〈トラファルガー〉が石炭運搬船を約8ノットで曳航しながら1時間に30tの石炭を搭載したといわれる。現代は各種の補給艦がある。燃料は給油艦から給油蛇管(だかん)を連結して行い,艦船には毎分7~15kl,ヘリコプターには毎分200~300l補給可能である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

洋上補給の関連キーワード艦船ヘリ哨戒ヘリコプターヘリコミューターヘリサインヘリシャトルヘリスキーヘリボーン仙台航空基地

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洋上補給の関連情報