コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田尻 たじり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田尻
たじり

宮城県北西部,大崎市北東部の旧町域。1902年町制。1954年沼部村,大貫村と合体して田尻町となり,2006年古川市,松山町,三本木町,鹿島台町,岩出山町,鳴子町の 1市 5町と合体して大崎市となった。築館台地南東部と篦岳丘陵の西部を占め,平地が広い。北東部にある蕪栗沼(かぶくりぬま)は周辺の水田とともにラムサール条約に登録されている。かつては迫川遊水池であったが,今日ではほとんど干拓された。米作,養豚,農産加工が行なわれる。中心地区の田尻は街村状の集落で春秋に互市が開かれる。祇劫寺(ぎこうじ)のコウヤマキは国の天然記念物。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田尻
たじり

宮城県中北部、遠田(とおだ)郡にあった旧町名(田尻町(ちょう))。現在は大崎(おおさき)市の北東端を占める地域。旧田尻町は1902年(明治35)町制施行。1954年(昭和29)沼部(ぬまべ)、大貫(おおぬき)の2村と合併。2006年(平成18)古川(ふるかわ)市、志田(しだ)郡松山(まつやま)町、三本木(さんぼんぎ)町、鹿島台(かしまだい)町、玉造(たまつくり)郡岩出山(いわでやま)町、鳴子(なるこ)町と合併して、大崎市となった。篦岳(ののだけ)丘陵の北西にあり、迫(はさま)川、江合(えあい)川に挟まれた純農村地帯である。JR東北本線が通じる。縄文時代の中沢目貝塚(国史跡)や、遮光器土偶(国指定重要文化財)が出土した惠比須田遺跡があり、古代には新田柵(にったのさく)が築かれた。近世には新田開発が行われたが、洪水被害も多かった。明治中期には養蚕業が発達し製糸工場が設立された。沼部地区の木戸瓦窯跡(きどがようあと)(国史跡)からは多賀城で使われた瓦(かわら)と同種のものが出土している。南東部にある加護坊山は眺望に優れ、四季の行楽地としてにぎわう。その山麓(さんろく)にある祇劫(ぎこう)寺のコウヤマキは国指定天然記念物。[後藤雄二]
『『田尻町史』(1960・田尻町) ▽『田尻町史』全3巻(1982~1983・田尻町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

田尻の関連キーワード大阪府泉南郡田尻町泉州空港中大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺市川環境エンジニアリング大阪府泉南郡田尻町吉見合併で誕生した大崎市りんくうタウン大阪府泉南郡田尻町の要覧佐々木 栄介関西国際空港田尻(町)松山[町]上野 俊介仙田淡三郎佐々部晩穂田尻稲次郎航空気象台大崎[市]三田尻宰判田尻あやめ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田尻の関連情報