洞奥一郎(読み)ほらおく いちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

洞奥一郎 ほらおく-いちろう

1918-? 昭和-平成時代の人形遣い。
大正7年7月2日生まれ。生地の岐阜県竹原村(下呂町)で少年時代から人形を製作。仕事のかたわら人形歌舞伎の公演をはじめ,ひとりで数十体の人形を糸であやつり,浄瑠璃(じょうるり)をかたる「竹原文楽」を確立した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キログラム原器

メートル法の質量の単位キログラムを定義する人工基準器。国際キログラム原器はパリ郊外セーブルの国際度量衡局に保管された白金-イリジウム合金製の円柱形の分銅である。この合金は酸化などの化学変化や摩滅などの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android