コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津崎矩子 つざき のりこ

美術人名辞典の解説

津崎矩子

幕末・維新期の女流勤王家。津崎左京の娘、大覚寺門跡諸大夫津崎筑前守の妹。幼少より近衛忠熙に仕え、村岡局となる。時勢の変遷に明るく、僧月照・西郷隆盛らと交友を持ち、明治維新密謀を助け、幕府に捕らえられたが維新後二十石を与えられた。明治24年贈従四位。明治6年(1873)歿、88才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津崎矩子 つざき-のりこ

1786-1873 江戸後期-明治時代の女性。
天明6年生まれ。近衛忠煕(ただひろ)につかえ,月照,西郷隆盛らと通じて尊攘(そんじょう)運動にかかわり,安政5年と文久3年幕府に捕らえられた。明治維新後,賞典禄20石をあたえられる。明治6年8月23日死去。88歳。京都出身。通称は村岡局(つぼね)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

津崎矩子

没年:明治6.8.23(1873)
生年:天明6(1786)
江戸後期から幕末の近衛家老女。大覚寺門跡諸大夫津崎元矩の妹。13歳で近衛家に仕え,のち村岡局と称した。近衛家当主近衛忠煕の信任が厚く,忠煕が朝政の枢要を預かると,これを補佐した。僧月照 や西郷隆盛をはじめ諸藩の志士とのパイプ役でもあり,水戸家への勅諚降下にも奔走した。安政5(1858)年,安政の大獄により京都町奉行所に捕らえられ,江戸へ送られた。その道中に詠んだ和歌が「嬉しさをなにに譬へむするがなる富士の高嶺を近く見つれば」である。30日の押込めののち許されて帰京。その後,北嵯峨の直指庵を再興して,ここに退隠。明治維新後,賞典禄20石を与えられた。墓は直指庵にある。<参考文献>藤井甚太郎「老女村岡」(『中央史壇』3巻4号)

(久保貴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

津崎矩子の関連キーワード藤井甚太郎有村連寿尼明治時代

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android