コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近衛忠煕 このえただひろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近衛忠煕
このえただひろ

[生]文化5(1808).7.14.
[没]1898.3.18.
江戸時代末期から明治の公卿。父は基前。母は徳川宗睦の娘静子。安政の大獄に連座して安政6 (1859) 年左大臣を辞し,落飾して翠山と号した。文久2 (62) 年復飾して関白となったが,公武合体の方針をとったため,宮中の討幕派勢力に圧せられて翌年関白を辞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近衛忠煕 このえ-ただひろ

1808-1898 江戸後期-明治時代の公卿(くぎょう)。
文化5年7月14日生まれ。近衛基前(もとさき)の子。右大臣をへて安政4年(1857)左大臣,5年内覧となる。日米の条約勅許問題尊攘(そんじょう)派の立場をとり,安政の大獄で失脚。文久2年(1862)復帰し,関白,内覧,氏長者となるが,公武合体論がうけいれられず,3年関白を辞任した。明治31年3月18日死去。91歳。贈正一位。号は翠山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

近衛忠煕

没年:明治31.3.18(1898)
生年:文化5.7.14(1808.9.4)
幕末維新期の公家(摂家)。近衛基前の子。妻興子が薩摩藩主島津斉興の養女であったこともあり,政治的にも薩摩藩と緊密な関係を有した。安政4(1857)年左大臣となり,翌年,条約勅許問題を巡って,幕府寄りの関白九条尚忠と対立。右大臣鷹司輔煕,内大臣一条忠香,前内大臣三条実万らと共に,同年8月の「戊午の密勅」降下を推進した。翌月,尚忠に代わって内覧となるが,幕府側の圧力のため約1カ月で辞退。安政の大獄(1858~59)によって辞官・落飾・慎を余儀なくされた。文久2(1862)年赦免され,関白・内覧となり,まもなく国事御用掛も兼任。翌年,尊攘派に忌避され,関白・内覧を辞したが,国事御用掛にはとどまって朝政に関与し続けた。実万の人物評によれば,温厚にして権勢を執る心が少しもなく,純々たる君子であったらしい。<参考文献>勢多章之『近衛忠煕公』(少年読本第24編)

(箱石大)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

近衛忠煕の関連キーワード文久三年八月十八日の政変寺田屋事件常磐井尭煕伊達慶邦広幡忠礼島津斉彬西館孤清近衛篤麿近衛忠房乳井月影大谷光勝津崎矩子徳川宗睦天璋院月照公卿