コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田信夫 つだ しのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田信夫 つだ-しのぶ

1875-1946 明治-昭和時代前期の鋳金家。
明治8年10月23日生まれ。大正8年東京美術学校(現東京芸大)教授。12年ヨーロッパに留学。昭和2年帝展の工芸部創設に参画,審査員となる。帝国美術院会員,芸術院会員。東京日本橋の鋳造装飾獅子・麒麟,国会議事堂貴賓室扉装飾などを制作。昭和21年2月17日死去。72歳。千葉県出身。東京美術学校卒。号は大寿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

津田信夫の関連キーワードMETAL ART MUSEUM HIKARINOTANI杉田禾堂高村豊周明治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android