コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田棕亭 つだ そうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田棕亭 つだ-そうてい

1811-1857 江戸時代後期の医師。
文化8年生まれ。(さかい)の商家の出で,医に転じる。天保(てんぽう)7年広瀬旭荘(きょくそう)の門人となり,堺に旭荘の私塾逍遥吟社をおこした。安政4年8月9日死去。47歳。名は基修。通称は呉一。号は宗寿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津田棕亭の関連キーワードインドの大反乱ケクレクライスト藩学一覧エルギンベッテルハイムライト坂東彦三郎(3代)合衆国銀行カルル・フリードリヒ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android