コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽船 つがるぶね

1件 の用語解説(津軽船の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つがるぶね【津軽船】

日本海交通は早くから行われたが,その具体的様相は明らかでない。津軽など東北地方北部と近畿中央(といっても,じっさいの港としては越前敦賀,若狭小浜等)との間に見るべき海上交通行われるようになったのは鎌倉時代以降である。源頼朝の奥州藤原氏制圧により,国家権力が奥羽北部にまで及び,関東武士の移住等が行われて開発が進むと,津軽と中央との交通もしだいに盛んになった。鎌倉末の1306年(徳治1),津軽の大船1艘が越前佐幾良泊で積荷のサケもろとも略奪されたが,この船は関東御魚津軽船20艘の随一とあるから,当時20艘にも及ぶ津軽船が幕府の庇護を受けて活躍していたもようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

津軽船の関連キーワード科挙山陰地方茶漬闘犬日本海海戦吉野杉連珠夙に白画卜骨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone