コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽船 つがるぶね

世界大百科事典 第2版の解説

つがるぶね【津軽船】

日本海交通は早くから行われたが,その具体的様相は明らかでない。津軽など東北地方北部と近畿中央(といっても,じっさいの港としては越前敦賀,若狭小浜等)との間に見るべき海上交通が行われるようになったのは鎌倉時代以降である。源頼朝の奥州藤原氏制圧により,国家権力が奥羽北部にまで及び,関東武士の移住等が行われて開発が進むと,津軽と中央との交通もしだいに盛んになった。鎌倉末の1306年(徳治1),津軽の大船1艘が越前佐幾良泊で積荷のサケもろとも略奪されたが,この船は関東御魚津軽船20艘の随一とあるから,当時20艘にも及ぶ津軽船が幕府の庇護を受けて活躍していたもようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android