コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪範図 こうはんとHong Pŏm‐do

世界大百科事典 第2版の解説

こうはんと【洪範図 Hong Pŏm‐do】

1868‐1943
朝鮮義兵将,独立運動家。平壌(一説に慈城,陽徳)の雇農の生れ。兵士,ついで咸鏡道甲山の鉱山労働者猟師として暮らした。1907年義兵闘争が全国的に拡大し,同年9月の銃砲火薬取締法により猟師の生業が圧迫されると,11月に車道善らと義兵を起こし,咸鏡道の山岳地帯で活躍した。10年には根拠地を中国間島地方へ移し,独立軍運動への転換を遂げた。19年,三・一独立運動に際しては大韓独立軍総司令として朝鮮国内に進撃して日本軍を破り,翌20年には間島に進攻した日本軍を撃破した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

洪範図の関連キーワードレジスタンス文学戊辰戦争太平洋戦争東京(都)マキノ雅広早竹虎吉(初代)明治ブートレロフ旧ユーゴ諸国史(年表)オリベッティ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android