コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪範図 こうはんとHong Pŏm‐do

1件 の用語解説(洪範図の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうはんと【洪範図 Hong Pŏm‐do】

1868‐1943
朝鮮の義兵将,独立運動家。平壌(一説に慈城,陽徳)の雇農の生れ。兵士,ついで咸鏡道甲山の鉱山労働者,猟師として暮らした。1907年義兵闘争が全国的に拡大し,同年9月の銃砲火薬取締法により猟師の生業が圧迫されると,11月に車道善らと義兵を起こし,咸鏡道の山岳地帯で活躍した。10年には根拠地を中国間島地方へ移し,独立軍運動への転換を遂げた。19年,三・一独立運動に際しては大韓独立軍総司令として朝鮮国内に進撃して日本軍を破り,翌20年には間島に進攻した日本軍を撃破した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

洪範図の関連キーワード戊辰戦争東京(都)育英制度早竹虎吉(初代)明治風切群馬大学順天堂大学信州大学富山大学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone