コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽徳 ヨウトク

デジタル大辞泉の解説

よう‐とく〔ヤウ‐〕【陽徳】

万物を生成発展させる宇宙の徳。
あらわに人に知られる徳行。⇔陰徳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようとく【陽徳】

えきで、万物を生長させる宇宙の徳。
人に知られるようにあらわに行う徳行。 ⇔ 陰徳

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陽徳
ようとく / ヤントク

北朝鮮、平安南道陽徳郡にある(ゆう)(町)。郡の所在地。温泉場。陽徳盆地の中央を占め、鉄道平元線および平元街道の要所である。温泉は邑の北方2キロメートルにあり、大湯池と小湯池がある。歴史の古い温泉場で、泉質はカリウム・ナトリウム泉、神経痛に効く。郡の北東部の鉄瓮(てつおう)山(1095メートル)上に、昔から難攻不落の城で知られる四重城の古城鉄瓮城がある。[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

陽徳の関連キーワードピョンアンナム(平安南)道アミン(化合物)松島(宮城県)藤原守子(1)勅修百丈清規恵方(吉方)三条局(4)媖子内親王難攻不落大拙祖能無夢一清中巌円月百丈清規五郎八姫陽徳門院藤原相子伊達政宗永宗女王洪範図田村氏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陽徳の関連情報