コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪适 こうかつHong-kuo; Hung-kua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洪适
こうかつ
Hong-kuo; Hung-kua

[生]政和7(1117)
[没]淳煕11(1184)
中国,南宋の政治家。饒州 鄱陽県 (江西) の人。字は景伯。紹興 12 (1142) 年博学宏詞科に及第。累進して司農少卿,翰林学士参知政事同中書門下平章事 (宰相) に進んだ。父洪晧 (こうこう) の著である『松漠紀聞』を刊行。『盤洲集』 (80巻) などの著書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

洪适の関連キーワード政治家洪遵南宋及第紹興江西

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android