コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松漠紀聞 しょうばくきぶんSong-mo ji-wen; Sung-mo chi-wên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松漠紀聞
しょうばくきぶん
Song-mo ji-wen; Sung-mo chi-wên

中国,南宋期に著わされた国における見聞録。正・続2巻。紹興 26 (1156) 年刊。著者は洪皓 (こうこう) 。彼は建炎3 (29) 年に金朝に派遣され,捕虜の宋帝欽宗らの返還を交渉したとき,金の傀儡国の斉に仕えるよう迫られたが,拒否したため北満州に流され 10年居留した。その間の見聞をまとめたものを死後長男が上記の標題を付して校刊したもので,金についてはもちろん,ウイグル契丹,満州諸族についての興味ある記事を含み,史料的価値は高い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうばくきぶん【松漠紀聞】

南宋の洪晧(皓)(こうこう)が、金(きん)に使しての松漠郡督府の故地冷山に15年間抑留されたときの見聞記。2巻。紹興(1131~1162)末年ごろ刊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうばくきぶん【松漠紀聞】

中国、金きんの風俗・慣習についての見聞録。二巻。南宋の洪皓こうこうの著。紹興(1131~1162)末年刊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone