コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松漠紀聞 しょうばくきぶん Song-mo ji-wen; Sung-mo chi-wên

3件 の用語解説(松漠紀聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松漠紀聞
しょうばくきぶん
Song-mo ji-wen; Sung-mo chi-wên

中国,南宋期に著わされた国における見聞録。正・続2巻。紹興 26 (1156) 年刊。著者は洪皓 (こうこう) 。彼は建炎3 (29) 年に金朝に派遣され,捕虜の宋帝欽宗らの返還を交渉したとき,金の傀儡国の斉に仕えるよう迫られたが,拒否したため北満州に流され 10年居留した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうばくきぶん【松漠紀聞】

南宋の洪晧(皓)(こうこう)が、金(きん)に使しての松漠郡督府の故地冷山に15年間抑留されたときの見聞記。2巻。紹興(1131~1162)末年ごろ刊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうばくきぶん【松漠紀聞】

中国、金きんの風俗・慣習についての見聞録。二巻。南宋の洪皓こうこうの著。紹興(1131~1162)末年刊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松漠紀聞の関連キーワード砧青磁米友仁罪体性説竹帛に著す母材前期繰越利益地域大国山わさび《変革期における人間と社会》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone