コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活物 カツブツ

デジタル大辞泉の解説

かつ‐ぶつ〔クワツ‐〕【活物】

生きて活動しているもの。⇔死物
「必竟(ひっきょう)世の事変は―にて容易に其の機変を前知す可らず」〈福沢学問のすゝめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かつぶつ【活物】

生きて盛んに活動しているもの。生き物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

活物の関連キーワードブレイク(William Blake)ムラサキモンパキン(紫紋羽菌)全国購買農業協同組合連合会ニッケル‐カドミウム電池宿主(しゅくしゅ)ヤッコソウ(奴草)ウドンコビョウキン生産管理(労働)マンガン乾電池アルカリ蓄電池水産業協同組合ショドルガット水酸化ニッケル金属空気電池藤野 繁雄フロー電池酸化銀電池ラフレシア藤江の渡し水銀電池