コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活社会 カッシャカイ

デジタル大辞泉の解説

かっ‐しゃかい〔クワツシヤクワイ〕【活社会】

現実に活動している社会。実社会
「日本の―と交渉のある教授を」〈漱石三四郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かっしゃかい【活社会】

文学や観念の中にある想像上の社会に対して、活動している現実の社会。実社会。 「先生は…日本の-と交渉のある教授を担任すべき人物である/三四郎 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

活社会の関連キーワード築地(東京都)原田 常治徳富蘇峰ミツバチ川北稔担任