実社会(読み)じっしゃかい

精選版 日本国語大辞典「実社会」の解説

じっ‐しゃかい ‥シャクヮイ【実社会】

実際社会小説などに書いてあったり、学校などで考えていたのとはちがう現実の社会。実世間
※それから(1909)〈夏目漱石〉一三「代助は此話を聞いた時、その実社会(ジッシャクヮイ)に触れてゐる点に於て、現代的滑稽標本だと思った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「実社会」の解説

じっ‐しゃかい〔‐シヤクワイ〕【実社会】

観念的、理論的に考えられた社会に対して、現実の社会。実世間。
[類語]世間世の中天下江湖こうこ社会世上世俗俗世人世じんせい人間じんかん俗間民間巷間こうかんちまた市井しせい浮き世娑婆しゃば塵界じんかい世界人中浮き世一般

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android