コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流動摩擦 りゅうどうまさつflow friction

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうどうまさつ【流動摩擦 flow friction】

流体の流動に伴う摩擦。パイプの中に流体を流すにはパイプの片端から圧力を加え,流体の流動にともなう摩擦力に打ち勝つ必要がある。定常状態では両者はちょうどバランスしている。一般的にいえば流動摩擦は,流速,粘性とともに増加し,管径が大きくなると小さくなる。ただし,もう少し詳しくみると,流動摩擦は層流乱流で様子が違う。完全に発達した乱流の場合は流動摩擦力は粘性に無関係になり,流体の密度をρ,速度をUとすると,1/2ρU2に比例する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android