流行児(読み)リュウコウジ

デジタル大辞泉の解説

りゅうこう‐じ〔リウカウ‐〕【流行児】

ある一時期に世間で広くもてはやされる人。うれっこ。はやりっこ。「文壇の流行児

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうこうじ【流行児】

ある一時期、世の中の人にさわがれ、もてはやされる人。はやりっこ。うれっこ。 「一夜にして-となる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅうこう‐じ リウカウ‥【流行児】

〘名〙 ある時期、世間でもてはやされ、評判になる人。はやりっこ。うれっこ。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉明治時代の学生生活「明治三十六年頃の文壇新進の流行児泉鏡花の小説『薬草取』が載せられたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android