コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄土論註 じょうどろんちゅうJìng tǔ lùn zhù

世界大百科事典 第2版の解説

じょうどろんちゅう【浄土論註 Jìng tǔ lùn zhù】

中国,北魏の僧曇鸞(どんらん)(476‐542)の主著。インドのバスバンドゥ(世親または天親)の《浄土論》に対する注釈で,《往生論註》ともいい,《論註》《註論》とも略称される。2巻。《浄土論》は《無量寿経》に対する注釈なので,本書は再注釈ということになる。衆生が浄土に往生する因も果も如来の誓願,つまり他力によることを明らかにし,のちの浄土教義の基礎となった。【礪波 護】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浄土論註の関連キーワード千葉 良導自力・他力千葉良導易行

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android