コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄土論註 じょうどろんちゅう Jìng tǔ lùn zhù

1件 の用語解説(浄土論註の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうどろんちゅう【浄土論註 Jìng tǔ lùn zhù】

中国,北魏の僧曇鸞(どんらん)(476‐542)の主著。インドバスバンドゥ(世親または天親)の《浄土論》に対する注釈で,《往生論註》ともいい,《論註》《註論》とも略称される。2巻。《浄土論》は《無量寿経》に対する注釈なので,本書は再注釈ということになる。衆生が浄土に往生する因も果も如来の誓願,つまり他力によることを明らかにし,のちの浄土教義の基礎となった。【礪波 護】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浄土論註の関連キーワード易行品善導宋雲曇鸞洛陽伽藍記七高僧浄土五祖貪婪道武帝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone