浄土論註(読み)じょうどろんちゅう(英語表記)Jìng tǔ lùn zhù

世界大百科事典 第2版の解説

じょうどろんちゅう【浄土論註 Jìng tǔ lùn zhù】

中国,北魏の僧曇鸞(どんらん)(476‐542)の主著。インドのバスバンドゥ(世親または天親)の《浄土論》に対する注釈で,《往生論註》ともいい,《論註》《註論》とも略称される。2巻。《浄土論》は《無量寿経》に対する注釈なので,本書は再注釈ということになる。衆生が浄土に往生する因も果も如来の誓願,つまり他力によることを明らかにし,のちの浄土教義の基礎となった。【礪波 護】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android