コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄土論註 じょうどろんちゅうJìng tǔ lùn zhù

世界大百科事典 第2版の解説

じょうどろんちゅう【浄土論註 Jìng tǔ lùn zhù】

中国,北魏の僧曇鸞(どんらん)(476‐542)の主著。インドのバスバンドゥ(世親または天親)の《浄土論》に対する注釈で,《往生論註》ともいい,《論註》《註論》とも略称される。2巻。《浄土論》は《無量寿経》に対する注釈なので,本書は再注釈ということになる。衆生が浄土に往生する因も果も如来の誓願,つまり他力によることを明らかにし,のちの浄土教義の基礎となった。【礪波 護】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

浄土論註の関連キーワード自力・他力千葉 良導千葉良導易行

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android