コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往生論註 おうじょうろんちゅうWang-sheng-lun-zhu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

往生論註
おうじょうろんちゅう
Wang-sheng-lun-zhu

中国北魏曇鸞によって著わされた世親の『浄土論』の注釈書。2巻。「浄土論註」「論註」ともいわれる。衆生が浄土に往生できるのはすべて阿弥陀如来の本願力によるものであることを説いている。この教義は中国浄土教大成者善導によって受継がれた。また日本の浄土真宗の開祖親鸞の教義にも大きな影響を与えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おうじょうろんちゅう【往生論註】

世親の「浄土論」の注解書。北魏の曇鸞どんらん著。二巻。中国・日本の浄土思想に大きな影響を与えた。論註。浄土論註。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

往生論註の関連キーワード玉翁(2)是山 恵覚是山恵覚往相回向浄土思想浄音宣明印定

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android