コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄土論 じょうどろん

世界大百科事典 第2版の解説

じょうどろん【浄土論】

インド浄土教の論書。正しくは《無量寿経優婆提舎願生偈(むりようじゆきよううばだいしやがんしようげ)》。《無量寿経論》《往生論》ともいう。バスバンドゥVasubandu(世親または天親)の著とされる。サンスクリット語原典は現存せず,漢訳(菩提流支(ぼだいるし)訳,6世紀前半)のみ現存。偈頌(韻文)とそれを解説した長行(じようごう)(散文)の部分からなり,特に後者においては,浄土往生の方法として〈五念門〉を説いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

浄土論の関連キーワード大阪府大阪市平野区平野上町日本往生極楽記松本 文三郎安田 理深自力・他力花田 凌雲千葉 良導十字の名号浄土論註千葉良導大念仏寺往生論註浄土門往生伝浄土宗存応仁海易行道生曇鸞

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android