コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄瑠璃供養 じょうるりくよう

世界大百科事典 第2版の解説

じょうるりくよう【浄瑠璃供養】

邦楽の曲名。河東(かとう)節,一中節掛合曲。正しくは《源氏十二段浄瑠璃供養》。《源氏十二段》ともいう。1807年(文化4)8月,5世十寸見(ますみ)河東23回忌,6世河東13回忌追善として,柳橋河内屋半次郎方で初演。栄思(えいし)(三升屋二三治)作詞,7世河東と5世都一中が初めて語った。浄瑠璃の語源ともなった《浄瑠璃物語》(《十二段草子》ともいう)から,笛の段と忍の段を脚色したもの。矢矧(やはぎ)の里の長者の娘浄瑠璃姫が,大勢の侍女に囲まれて管絃を楽しんでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浄瑠璃供養の関連キーワード山彦源四郎(3世)浄瑠璃

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android