浄瑠璃供養(読み)じょうるりくよう

世界大百科事典 第2版の解説

じょうるりくよう【浄瑠璃供養】

邦楽の曲名。河東(かとう)節,一中節掛合曲。正しくは《源氏十二段浄瑠璃供養》。《源氏十二段》ともいう。1807年(文化4)8月,5世十寸見(ますみ)河東23回忌,6世河東13回忌追善として,柳橋河内屋半次郎方で初演。栄思(えいし)(三升屋二三治)作詞,7世河東と5世都一中が初めて語った。浄瑠璃の語源ともなった《浄瑠璃物語》(《十二段草子》ともいう)から,笛の段と忍の段を脚色したもの。矢矧(やはぎ)の里の長者の娘浄瑠璃姫が,大勢の侍女に囲まれて管絃を楽しんでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android