コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄瑠璃物語 じょうるりものがたり

百科事典マイペディアの解説

浄瑠璃物語【じょうるりものがたり】

中世後期の物語草子。《十二段草子》《浄瑠璃十二段》とも。室町中期の成立か。作者不詳。12段よりなる。金売吉次に連れられて奥州へ下る牛若が,三河矢矧(やはぎ)の長者の娘浄瑠璃御前と結ばれる恋物語。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうるりものがたり【浄瑠璃物語】

中世後期の物語草子。別称《十二段草子》《浄瑠璃十二段》《浄瑠璃姫物語》など。金売吉次に従って奥州へ下る途中の牛若が矢作(やはぎ)の宿(現,岡崎市)の長者の娘浄瑠璃姫と結ばれる恋物語で,2人のみやびな恋の口説や牛若を蘇生させる姫の献身が好まれて,広く流布した作品。幾系統もの本文があり,また,伝本には絵巻物,奈良絵本,写本刊本などがある。本来は三河国峰の薬師の利生を伝える語り物で,長大な筋のものだったといわれるが,のちに12段構成に整理されたものが一般化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄瑠璃物語
じょうるりものがたり

十二段草子」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の浄瑠璃物語の言及

【小野お通】より

…浄瑠璃の起源となった《浄瑠璃物語(十二段草子)》の作者といわれる女性。阿通,於通とも記される。…

【牛王姫】より

…鎌田政清の妹牛王姫は,伯母の尼公の裏切りによって平家方にとらえられ拷問を受け,牛若丸の行方を追及されるが,白状をせず舌をくい切って自ら果てる。幸若舞曲《鎌田》,御伽草子《浄瑠璃物語》にも政清の妹が登場するところから,これらの間には伝承上,何らかの関係があったのではないかとされている。同材の作品に奥浄瑠璃《牛王乃姫》,加賀掾正本《牛若千人切》などがある。…

※「浄瑠璃物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浄瑠璃物語の関連キーワード竹本 住太夫(6代目)源氏十二段浄瑠璃供養古浄瑠璃小野通女御伽草子筑羅が沖小野お通沢住検校牛王姫