コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三升屋二三治 みますやにそうじ

5件 の用語解説(三升屋二三治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三升屋二三治
みますやにそうじ

[生]天明4(1784)
[没]安政3(1856)
歌舞伎狂言作者,随筆家。江戸浅草蔵前の札差 (ふださし) 業伊勢屋の長男として生れ,若くして劇界に遊び,1世桜田治助の門弟と称した。文化 12 (1815) 年に廃嫡され,本格的に作者となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三升屋二三治 みますや-にそうじ

1784-1856 江戸時代後期の歌舞伎作者。
天明4年生まれ。江戸蔵前の札差。芝居好きで廃嫡され,狂言作者となった。浄瑠璃(じょうるり),長唄の作詞に佳作がおおい。晩年の随筆「三升屋二三治戯場書留」「作者店おろし」などは歌舞伎研究の資料として貴重。安政3年8月5日死去。73歳。姓は青地。通称は伊勢屋宗三郎(3代)。俳名は珉斎など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三升屋二三治

没年:安政3.8.5(1856.9.3)
生年:天明4(1784)
江戸後期の歌舞伎狂言作者。江戸蔵前の札差伊勢屋宗三郎,本姓青地。俳名は和島,栄思,思声。文化1(1804)年家督を継いだが,7代目市川団十郎を贔屓にして劇界に出入りし,同9年には狂言作者として名を出したりした。同10年江戸三座の関係者を八百善で大盤振舞し,廃嫡されて同13年より作者となった。文政12(1829)年立作者となり,嘉永1(1848)年までで隠退。作者としては清元「道行旅路の花聟」や「〆能色相図」など,所作事作品が知られるが,劇界の故実にくわしく,『作者たなおろし』『作者年中行事』『三升屋二三治戯場書留』『賀久屋寿々免』などの随筆作者として名高い。<参考文献>関根只誠・関根正直『名人忌辰録』,『日本庶民文化史料集成』6巻

(安田文吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みますやにそうじ【三升屋二三治】

1784‐1856(天明4‐安政3)
江戸末期の歌舞伎作者。通称伊勢屋宗三郎。江戸の生れ。1804年(文化1)ころ初世桜田治助に入門。30年(天保1)江戸市村座で立作者に進み,48年(嘉永1)引退。後世に残る歌舞伎狂言は少ないが,《道行浮塒鷗(うきねのともどり)》《道行旅路の花聟》《四季三葉草》など浄瑠璃,長唄の作詞が残っている。故実に詳しい古老として尊敬され,筆まめで《三升屋二三治戯場書留(ぎじようかきとめ)》《作者年中行事》など見聞や体験にもとづく多くの著作を残した功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三升屋二三治
みますやにそうじ
(1785―1856)

江戸後期の歌舞伎(かぶき)作者。二三次とも。江戸・蔵前の札差(ふださし)伊勢屋(いせや)宗三郎の3代目であったが、7世市川団十郎をひいきし、初世桜田治助(じすけ)に入門するなどして、ついに廃嫡されて狂言作者となる。4世鶴屋南北(つるやなんぼく)の没後無人となった江戸の劇界で立(たて)作者を勤め、清元(きよもと)の『落人(おちうど)』などを書いたが、むしろその本領は歌舞伎関係の随筆にあり、『作者店(たな)おろし』『作者年中行事』『賀久屋寿々免(がくやすずめ)』を残す。[古井戸秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三升屋二三治の言及

【神田祭】より

…1839年(天保10)9月江戸河原崎座で,沢村訥升(とつしよう)(5世宗十郎),尾上栄三郎(4世菊五郎),市川海老蔵(7世団十郎)らにより初演。作詞三升屋二三治。作曲初世清元斎兵衛。…

【源氏十二段】より

…正名題は《源氏十二段 浄瑠璃供養》。恵井志(えいし)(三升屋二三治)作詞。1807年(文化4)8月開曲。…

【五郎】より

…演者は2世尾上多見蔵。作詞三升屋二三治。作曲10世杵屋(きねや)六左衛門。…

【作者年中行事】より

…歌舞伎作者の職掌などを記した書。三升屋二三治(みますやにそうじ)著。1848年(嘉永1)成立。…

【浄瑠璃供養】より

…1807年(文化4)8月,5世十寸見(ますみ)河東23回忌,6世河東13回忌追善として,柳橋河内屋半次郎方で初演。栄思(えいし)(三升屋二三治)作詞,7世河東と5世都一中が初めて語った。浄瑠璃の語源ともなった《浄瑠璃物語》(《十二段草子》ともいう)から,笛の段と忍の段を脚色したもの。…

【鳥羽絵】より

…1841年(天保12)江戸中村座初演の九変化舞踊《八重九重花姿絵(やえここのえはなのすがたえ)》の一曲。作詞三升屋二三治(にそうじ)。作曲10世杵屋六左衛門。…

【山姥】より

…現行の山姥物の様式が決定したのは,85年(天明5)初世瀬川如皐作詞,初世鳥羽屋里長作曲の常磐津《四天王大江山入》(古山姥)である。現在多く上演されるのは,俗に〈新山姥〉といわれる常磐津《薪荷雪間(たきぎおうゆきま)の市川》で,三升屋二三治(みますやにそうじ)作詞,5世岸沢式佐作曲,8世市川団十郎の山姥,4世坂東彦三郎の山樵,市川小団次の怪童丸により,1848年(嘉永1)江戸河原崎座初演。ほかに富本《母育雪間鶯》(三津五郎山姥),清元《月花茲友鳥(つきとはなここにともどり)》(山姥)などがある。…

【吉原雀】より

…1824年(文政7)江戸市村座初演。作詞三升屋二三治(みますやにそうじ)。作曲初世清元斎兵衛。…

※「三升屋二三治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三升屋二三治の関連キーワード狂言作者江戸狂言歌舞伎狂言上方狂言蔵前風離れ狂言青地宗白小島必端下野屋十兵衛田島此助(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone