浄音(読み)じょうおん

朝日日本歴史人物事典の解説

浄音

没年:文永8.5.22(1271.6.30)
生年:建仁1(1201)
鎌倉時代の浄土宗の僧侶。諱は法興。一説に建仁2(1202)年生まれ。宰相中将藤原雅清の子。慈円について出家し,のち証空に師事し浄土宗儀を学ぶ。京都の粟生光明寺に住し,浄土宗の教化に励む。観性に粟生光明寺を譲ったのち,仁和寺西谷に移り光明寺を開く。後嵯峨天皇,亀山天皇の帰依を受ける。証空のあとを受け東山禅林寺にも住したという。洛西西谷に住して教化したことから,その門流を西谷流という。観智,了音,観性などの門弟を育てる。著書は『往生論註刪補鈔』『観経序文義愚要鈔』『西谷口決抄』など。

(林淳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浄音の関連情報