コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄音 じょうおん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浄音 じょうおん

1201-1271 鎌倉時代の僧。
建仁(けんにん)元年生まれ。浄土宗西山派の祖証空にまなぶ。仁和寺(にんなじ)西谷光明寺をひらき,のち禅林寺住持となった。この門流を西谷流とよぶ。文永8年5月22日死去。71歳。字(あざな)は法興。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

浄音

没年:文永8.5.22(1271.6.30)
生年:建仁1(1201)
鎌倉時代の浄土宗の僧侶。諱は法興。一説に建仁2(1202)年生まれ。宰相中将藤原雅清の子。慈円について出家し,のち証空に師事し浄土宗儀を学ぶ。京都の粟生光明寺に住し,浄土宗の教化に励む。観性に粟生光明寺を譲ったのち,仁和寺西谷に移り光明寺を開く。後嵯峨天皇,亀山天皇の帰依を受ける。証空のあとを受け東山禅林寺にも住したという。洛西西谷に住して教化したことから,その門流を西谷流という。観智,了音,観性などの門弟を育てる。著書は『往生論註刪補鈔』『観経序文義愚要鈔』『西谷口決抄』など。

(林淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

浄音の関連キーワード安楽庵策伝八音便所腹巻策伝梵音

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android