コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄音 じょうおん

2件 の用語解説(浄音の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浄音 じょうおん

1201-1271 鎌倉時代の僧。
建仁(けんにん)元年生まれ。浄土宗。西山派の祖証空にまなぶ。仁和寺(にんなじ)西谷に光明寺をひらき,のち禅林寺の住持となった。この門流を西谷流とよぶ。文永8年5月22日死去。71歳。字(あざな)は法興。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

浄音

没年:文永8.5.22(1271.6.30)
生年:建仁1(1201)
鎌倉時代の浄土宗の僧侶。諱は法興。一説に建仁2(1202)年生まれ。宰相中将藤原雅清の子。慈円について出家し,のち証空に師事し浄土宗儀を学ぶ。京都の粟生光明寺に住し,浄土宗の教化に励む。観性に粟生光明寺を譲ったのち,仁和寺西谷に移り光明寺を開く。後嵯峨天皇,亀山天皇の帰依を受ける。証空のあとを受け東山禅林寺にも住したという。洛西西谷に住して教化したことから,その門流を西谷流という。観智,了音,観性などの門弟を育てる。著書は『往生論註刪補鈔』『観経序文義愚要鈔』『西谷口決抄』など。

(林淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄音の関連キーワード如信上人聖光上人西山鑑智国師法界庵夢遊万霊光誉良忠向阿証慧澄円良空

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浄音の関連情報