千五百番歌合(読み)せんごひゃくばんうたあわせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千五百番歌合
せんごひゃくばんうたあわせ

鎌倉時代前期の歌合。 20巻。建仁1 (1201) 年後鳥羽上皇が詠進させた百首歌を歌合形式にしたもの。歌合としての成立は同3年春頃か。 1500番,3000首から成り,歌合史上空前絶後の規模の大きさを誇る。作者は,後鳥羽上皇をはじめ,藤原良経定家,家隆,有家,雅経,源通親,通具,通光や慈円寂蓮顕昭讃岐小侍従俊成女宮内卿ら『新古今集』の代表的な歌人 30名。判者は後鳥羽上皇,藤原俊成,定家,良経,慈円,顕昭ら 10名が2巻ずつ分担した。秀歌が多く,この前後に行われた歌会,歌合中『新古今集』に最も多くとられた。俊成,定家の詞は歌論研究のうえでも注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんごひゃくばんうたあわせ〔センゴヒヤクバンうたあはせ〕【千五百番歌合】

鎌倉前期の歌合わせ。20巻。建仁2年(1202)ごろ成立。後鳥羽院が当時の代表的歌人30人に、各100首ずつを詠進させたもの。判者は後鳥羽院・藤原俊成ら10人。各首に判者の評があり、新古今時代の歌風・歌論を知る貴重な資料。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんごひゃくばんうたあわせ【千五百番歌合】

1201年(建仁1)6月,後鳥羽院が30人の歌人に100首ずつ詠進させた〈院第三度百首〉を結番した最大規模の歌合で,一応の判進は翌年の末ころか。作者は左が後鳥羽院,藤原良経,慈円,宮内卿,小侍従等,右が釈阿(俊成),藤原定家,同家隆,寂蓮,俊成卿女等,当代の有力歌人を網羅している。判者は院,釈阿,良経,定家,慈円,顕昭等10人で,150番ずつ分判している(源通親は死亡のため無判)。良経は漢詩,院と慈円は判歌で判するなど,判の形式も多様である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんごひゃくばんうたあわせ【千五百番歌合】

歌合。二〇巻。1201年、後鳥羽上皇ほか三〇人が各人一〇〇首ずつ計三〇〇〇首を詠じ、上皇・藤原俊成・藤原良経・慈円・藤原定家など一〇人が判者となった。新古今時代最大の歌合で、新古今集に九〇首が撰入。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千五百番歌合
せんごひゃくばんうたあわせ

歌合中最大のもの。1202年(建仁2)末から翌年初めにかけて完成。新古今時代の代表的歌人30人から、1201年に後鳥羽(ごとば)院の命により百首(春20、夏15、秋20、冬15、祝5、恋15、雑10首)を召し、左右一組とする歌合形式に番(つが)えたもの。判者は、忠良(ただよし)(春1、2)、俊成(しゅんぜい)(春3、4)、通親(みちちか)(夏1、2。途中で没す)、良経(よしつね)(夏3、秋1)、後鳥羽院(秋2、3)、定家(ていか)(秋4、冬1)、季経(すえつね)(冬2、3)、師光(もろみつ)(祝1、恋1)、顕昭(けんしょう)(恋2、3)、慈円(じえん)(雑1、2)の10人。後鳥羽院を中心とした歌壇の中核メンバーで構成されているため、『新古今和歌集』入集歌第一位(90首)を占め、斬新(ざんしん)で象徴的な幻想世界の新古今調を支えるものとして注目される。判詞も多彩多様(後鳥羽院と慈円は判歌、良経は判詩)であり、各判者の個性的な判詞は新古今撰集(せんしゅう)当時の歌評意識を知る貴重な資料である。[有吉 保]
『『日本古典文学大系74 歌合集』(1965・岩波書店) ▽有吉保著『千五百番歌合の校本とその研究』(1968・風間書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android