浅野晃(読み)あさの あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅野晃 あさの-あきら

1901-1990 昭和時代の評論家,詩人。
明治34年8月15日生まれ。東京帝大在学中,大宅壮一らと第7次「新思潮」を創刊。のち共産党に入党するが,昭和3年三・一五事件で検挙されて転向。「日本浪曼派」に属し,評論「岡倉天心論攷(ろんこう)」などを発表。39年詩集「寒色」で読売文学賞。立正大教授をつとめた。平成2年1月29日死去。88歳。石川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浅野晃の関連情報