コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜口儀兵衛(7代) はまぐち ぎへえ

2件 の用語解説(浜口儀兵衛(7代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜口儀兵衛(7代) はまぐち-ぎへえ

浜口梧陵(はまぐち-ごりょう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

浜口儀兵衛(7代)

没年:明治18.4.21(1885)
生年:文政3.6.15(1820.7.24)
幕末明治期の醤油醸造家。紀伊国(和歌山県)有田郡広村生まれ。浜口家は他の広村出身者と共に,江戸前期より代々が銚子(千葉県)で醤油醸造業(ヤマサ醤油)を営む。嘉永6(1853)年家督を相続。号は梧陵。家業の傍ら,佐久間象山の門にも出入りし,幕末藩政改革期の紀州藩の勘定奉行,大広間席学習館知事などを歴任した。その後も政界で活躍し,明治13(1880)年には初代和歌山県会議長にも任ぜられ,和歌山の政治組織木国同友会にもかかわった。 戦前の小学校教科書,あるいは小泉八雲の「生きる神様」などで広く知られた安政1(1854)年の安政大地震(大津波を伴った)の際の「稲村の火」のエピソード(取り入れたばかりの自分の稲に火をつけて燃やし,村人に津波の危機を知らせた)は,この梧陵がモデルであり,その後の防潮堤建設にも巨費を投じている。醸造業経営者としてよりも,社会的活動に自己実現の場を求めた人物といえよう。<参考文献>杉村広太郎『浜口梧陵伝』,林玲子編『醤油醸造業史の研究』

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜口儀兵衛(7代)の関連キーワード浜口梧陵和歌山県和歌山市岩橋和歌山県和歌山市毛見和歌山県紀の川市東国分和歌山県和歌山市吹上和歌山県有田郡湯浅町湯浅和歌山県有田郡湯浅町高梨兵左衛門(19代)高橋文右衛門田中玄蕃(9代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone