浜木綿子(読み)はま ゆうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜木綿子 はま-ゆうこ

1935- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和10年10月31日生まれ。香川照之の母。昭和28年宝塚歌劇団にはいり,31年「聯隊(れんたい)の娘」で娘役トップスターとなる。芸術座の「がめつい奴」「がしんたれ」に出演。36年東宝演劇部にうつり,翌年「悲しき玩具」で芸術祭奨励賞。映画では「五番町夕霧楼」などに出演,テレビドラマでも活躍。40年3代市川猿之助と結婚,のち離婚。東京出身。本名は香川阿都子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜木綿子の関連情報