コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜村美智子 はまむら みちこ

2件 の用語解説(浜村美智子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜村美智子 はまむら-みちこ

1938- 昭和後期-平成時代の歌手。
昭和13年10月3日生まれ。昭和32年日本ビクターの「バナナ・ボート」でデビュー。「デーオ! デエエオー!」のかけ声と素足に腰までのながい髪のスタイルで爆発的なヒットとなり,カリプソ娘とよばれた。結婚で引退,47年カムバッククラブなどでうたう。大阪出身。本名は小坂美智子

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

浜村 美智子


芸名
浜村 美智子

性別
女性

血液型
O

出身地
鹿児島県

職種
音楽

プロフィール
1957年、シングルバナナボート』でデビュー、230万枚を越す大ヒットとなる。同年アメリカの『パティペ-ジショー』に出演、好評を博し、その後『日米親善ショー』でポールアンカワンダージャクソン等とハワイ・沖縄にて公演、南米サンパウロ新聞社の招きにてブラジル等で長期公演、フィリピンマニラ市、アラネタコロシアム、リサールメモリアルホール等で『東京フォーリーズ1961』公演を行う。1962年結婚、翌年出産のため一時引退。1971年、『黄色いシャツ』にてカムバックし、その後も精力的に歌手活動を続けている。また“日本で最初に茶髪にした人”として教科書に掲載されている。

代表作品
シングル『バナナボート』 / シングル『黄色いシャツ』 / シングル『カリプリ娘』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜村美智子の関連キーワード大江美智子(2世)浜村[温泉]鳥取県鳥取市気高町浜村有賀美智子大江美智子(初代)大江美智子(2代)関田美智子野村美智子美智子皇后横山美智子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜村美智子の関連情報