コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜松歌国 はままつ うたくに

2件 の用語解説(浜松歌国の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜松歌国 はままつ-うたくに

1776-1827 江戸時代後期の歌舞伎作者,随筆家。
安永5年生まれ。生家は大坂の木綿問屋歌舞伎作者としてよりも大坂に関する文芸,演芸,風俗などの考証随筆にすぐれた。文政10年2月19日死去。52歳。名は清蔵。通称は清兵衛。号は颯々亭南水。別名に八重牆(垣)歌国。屋号は布屋。著作に「摂陽落穂集」「摂陽奇観」「南水漫遊」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

浜松歌国

没年:文政10.2.19(1827.3.16)
生年:安永5(1776)
江戸後期,上方の歌舞伎狂言・読本作者,考証家。浜松氏助,浜松八重垣(牆)とも。通称布屋清兵衛。別号颯々亭南水ほか。大坂の木綿問屋の家に生まれた。歌舞伎狂言作者としては寛政11(1799)年大坂中の芝居の番付に初めてその名がみえて以後大坂で活躍するが,二枚目作者に留まった。金沢竜玉こと3代目中村歌右衛門と提携して,竜玉名での脚本を助作するのみならず,『芝翫帖』(1814)など歌右衛門の演劇書をも編んだ。享和・文化年間(1801~18)はもっぱら読本や随筆に携わり,その後も大坂の風俗考証『摂陽奇観』(1833)や演劇の考証随筆『南水漫遊』などの執筆に力を注いだ。<参考文献>船越政一郎『浜松歌国伝』(浪速叢書),『新群書類従』2巻

(上野典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浜松歌国の言及

【許多脚色帖】より

…早稲田大学演劇博物館蔵。薬種問屋吉野五運(大坂)の4代目・5代目が収集した資料を,狂言作者の浜松歌国が整理したものと考えられる。初期から文政10年までの歌舞伎資料が年代順に貼り込まれ正編36,付巻4,別巻2帖から成る。…

【南水漫遊】より

…江戸後期の随筆。著者は浜松歌国で,浪華江南颯々亭南水主人と号したところからきた書名である。角書に〈古今参考〉とある。…

※「浜松歌国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浜松歌国の関連キーワード狂言方元禄歌舞伎上方歌舞伎江戸狂言書替狂言歌舞伎狂言上方狂言古今節離れ狂言続狂言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone