浜葛(読み)ハマツヅラ

デジタル大辞泉の解説

はま‐つづら【浜葛】

浜辺に生えるつる草。
「駿河の海磯辺(おしへ)に生ふる―汝(いまし)を頼み母に違(たが)ひぬ」〈・三三五九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

浜葛 (ハマカズラ)

植物。クマツズラ科の落葉低木,園芸植物,薬用植物。ハマゴウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はま‐つづら【浜葛】

〘名〙 浜辺に生えているつる草。一説に、クマツヅラ科の落葉低木、ハマゴウとされる。
※万葉(8C後)一四・三三五九「駿河の海磯辺(おしへ)に生ふる波麻都豆良(ハマツヅラ)(いまし)をたのみ母にたがひぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android