コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦佐 うらさ

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕浦佐(うらさ)


新潟県南魚沼(みなみうおぬま)市北部の中心地区。江戸時代は三国(みくに)街道の宿場町、魚野(うおの)川の河港として栄えた。3月3日に行われる毘沙門(びしゃもん)堂(普光(ふこう)寺)の裸押合(はだかおしあい)祭が有名。JR上越線・上越新幹線の浦佐駅、浦佐温泉、浦佐スキー場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浦佐
うらさ

新潟県南魚沼(みなみうおぬま)市の一地区。旧浦佐村。旧三国(みくに)街道の宿場町で、魚野(うおの)川の河岸場(かしば)町としても栄えた。上越新幹線、JR上越線の停車駅。また国道17号も走る。3月3日の毘沙門堂(びしゃもんどう)(普光寺(ふこうじ))の裸押合大祭(はだかおしあいたいさい)が名高く、越後三山只見(えちごさんざんただみ)国定公園の登山口として観光開発にも力が注がれている。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浦佐の言及

【大和[町]】より

…中世には藪神(やぶかみ)荘に含まれ,南北朝時代の城跡もある。江戸時代には三国街道が通じ,中心集落浦佐は宿場として,また毘沙門堂(普光寺)の門前町として栄えた。魚野川東岸の大崎は八海山の登山口にあたり,大前(おおさき)神社は火渡祭でも知られる。…

※「浦佐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浦佐の関連キーワード新潟県南魚沼市浦佐大和(新潟県)鏡山(佐賀県)新潟県南魚沼市池田記念美術館杉町 美千枝魚沼基幹病院上村仁右衛門南魚沼(市)唐津[市]杉町美千枝松浦佐用姫呼子[町]大伴狭手彦大和[町]山上憶良観世清和壱岐水道田島神社根本真陽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浦佐の関連情報