コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦佐 うらさ

2件 の用語解説(浦佐の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕浦佐(うらさ)


新潟県南魚沼(みなみうおぬま)市北部の中心地区。江戸時代は三国(みくに)街道の宿場町、魚野(うおの)川の河港として栄えた。3月3日に行われる毘沙門(びしゃもん)堂(普光(ふこう)寺)の裸押合(はだかおしあい)祭が有名。JR上越線・上越新幹線の浦佐駅、浦佐温泉、浦佐スキー場がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浦佐
うらさ

新潟県南魚沼(みなみうおぬま)市の一地区。旧浦佐村。旧三国(みくに)街道の宿場町で、魚野(うおの)川の河岸場(かしば)町としても栄えた。上越新幹線、JR上越線の停車駅。また国道17号も走る。3月3日の毘沙門堂(びしゃもんどう)(普光寺(ふこうじ))の裸押合大祭(はだかおしあいたいさい)が名高く、越後三山只見(えちごさんざんただみ)国定公園の登山口として観光開発にも力が注がれている。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の浦佐の言及

【大和[町]】より

…中世には藪神(やぶかみ)荘に含まれ,南北朝時代の城跡もある。江戸時代には三国街道が通じ,中心集落浦佐は宿場として,また毘沙門堂(普光寺)の門前町として栄えた。魚野川東岸の大崎は八海山の登山口にあたり,大前(おおさき)神社は火渡祭でも知られる。…

※「浦佐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浦佐の関連情報