越後三山只見国定公園(読み)えちごさんざんただみこくていこうえん

  • えちごさんざんただみこくていこうえん ヱチゴサンザンただみコクテイコウヱン
  • えちごさんざんただみこくていこうえん〔ヱチゴサンザンただみコクテイコウヱン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

越後山脈の南部と,三国山脈の一部の山稜渓谷,それに田子倉,大鳥,奥只見などの人造湖一帯を地域とする自然公園。面積 861.29km2。 1973年指定。守門岳浅草岳,朝日岳,越後三山 (駒ヶ岳中ノ岳八海山) など 2000m級の山が連なっているが,山稜部から山腹部にかけて,大面積にわたりミヤマナラの亜高山帯低木性広葉樹やブナなどの広大な原生林が保存され,クマ,カモシカなど大型の哺乳類が生息する原始性豊かな公園。公園内には,宿泊などの利用施設もほとんどなく,登山,ハイキングなどの野外レクリエーションが主である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

新潟,福島両県にまたがる国定公園。1973年指定。861.29km2。越後三山(駒ヶ岳,八海(はっかい)山,中ノ岳)と浅草岳,守門(すもん)岳などが連なり,只見川,魚野川,破間(あぶるま)川などがその間を流れて深いV字谷を刻む。
→関連項目平ヶ岳

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

新潟県と福島県にまたがる国定公園。越後山脈・三国山脈の一部の山岳や渓谷、奥只見湖をはじめとする人造湖など、景観は変化に富む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新潟・福島両県にまたがり、山岳、峡谷、湖など変化に富む国定公園。新潟県中東部にある守門(すもん)火山群と越後三山(魚沼(うおぬま)三山)および福島県、奥只見(おくただみ)の銀山平(ぎんざんだいら)を含めた県境山岳地の面積861.29平方キロメートルが、1973年(昭和48)自然環境保全と観光地として国定公園に指定された。最北の守門火山群は鳥海(ちょうかい)火山帯に属する守門岳(1537メートル)、浅草岳(1585メートル)などのアスピ・コニーデ型の侵食火山で、守門岳信仰の霊山として登山客が多く、ブナの原生林景がすばらしく、お花畑もある。また、冬山スキー場としても知られる。登山口は魚沼(うおぬま)市の大白川(おおしらかわ)口、栃尾(とちお)盆地の栃堀(とちぼり)口、三条(さんじょう)市下田(しただ)地区の吉ヶ平(よしがひら)口の三つがある。越後三山は、もと魚沼三山ともよばれた越後山脈の八海(はっかい)山(1778メートル)、中ノ岳(2085メートル)、駒(こま)ヶ岳(2003メートル)の三山からなり、八海信仰の霊山として、いまも盛夏に数万人の講中登拝者でにぎわっている。登山口は六日町盆地の南魚沼市の大崎口と山口口が表口で、裏口としては銀山平の枝折(しおり)峠口がある。ニホンザル、ツキノワグマ、カモシカなどの生息地として知られ、冬山スキーツアーコースとしても有名。奥只見は1961年に完成した奥只見ダムによってできた人造湖の奥只見湖(銀山湖)を中心に、スキー場、キャンプ場もあり、湖上遊覧や荒沢岳登山なども楽しめる観光地で、山菜料理が名物。JR上越線小出(こいで)駅から奥只見シルバーラインのバス交通の便があり、約1時間半で達する。[山崎久雄]
『日本自然保護協会編『越後三山奥只見自然公園学術調査報告』(1968・国立公園協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

新潟、福島二県にわたる国定公園。越後三山(越後山脈中の八海山、中ノ岳、駒ケ岳)、只見川上流域などを中心とする。昭和四八年(一九七三)指定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報