毘沙門堂(読み)びしゃもんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毘沙門堂
びしゃもんどう

京都市山科区にある天台宗の寺。伝教大師最澄の開基と伝える。自作の毘沙門天像を安置。出雲路の宿坊として栄えたが,織田信長によって焼かれた。江戸幕府によって再興され,現在地に移された。『洞院公定日記』『篆隷文体』などを所蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

びしゃもん‐どう〔‐ダウ〕【毘沙門堂】

京都市山科区にある天台宗の寺。正しくは出雲寺山号は護法山。院号安国院開創は、寺伝によれば大宝3年(703)、開山行基。また、延暦年間(782~806)に、最澄が自作の毘沙門天像を草庵に安置したのが始まりともいう。寛文5年(1665)に公海が復興、以後、代々法親王が入寺する門跡寺院となる。山科毘沙門天。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

びしゃもんどう【毘沙門堂】

京都市山科区にある天台宗の門跡寺院。護法山出雲寺と号する。703年(大宝3)の創建と伝えるが,不詳。1195年(建久6)平親範が京都洛北の出雲路(いずもじ)に仏堂を建て,ここに平氏ゆかりの平等寺,尊重(そんじゆう)寺,護法寺の3寺を統合したのが起りと考えられる。中世には桜の名所で聞こえ,〈毘沙門堂の花盛り〉といわれたが,応仁の乱などで焼け,一時廃絶した。1665年(寛文5)公海が現在地に再興,次いで1682年(天和2)後西天皇の皇子公弁法親王が入寺して以来,門跡の寺格を得た。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

びしゃもんどう【毘沙門堂】

京都市山科区にある天台宗の寺。護法山安国院出雲寺の通称。天台宗五門跡の一。延暦年間(782~806)に最澄が京極出雲路の仏堂に自作の毘沙門天像を安置したのが起源とされる。1665年に天海の弟子の公海が現在地に再興。出雲寺いずもでら

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毘沙門堂
びしゃもんどう

京都市山科(やましな)区安朱稲荷山(あんしゅいなりやま)町にある天台宗(延暦寺(えんりゃくじ)派)の門跡(もんぜき)寺院。護法山安国院出雲(いずも)寺と号する。本尊毘沙門天。文武(もんむ)天皇の御願(ごがん)で、703年(大宝3)創建とか、伝教大師(でんぎょうだいし)(最澄(さいちょう))開基などと伝える。初め出雲路(現上京(かみぎょう)区)の地にあった。鎌倉初期、円智(平親範)が、廃絶した平等寺(葛原(くずはら)親王創建)、尊重(そんじゅう)寺(平親信建立)、護法寺(平範家創建)の平家ゆかりの3寺を統合した。出雲路の旧堂は桜の名所として著名であった。たびたび兵火にかかり、1611年(慶長16)後陽成(ごようぜい)天皇が天海に修興を命じ、1665年(寛文5)公海僧正が現在の地に堂宇をつくり、輪王寺の公弁法親王が入寺してから門跡寺院となり、江戸時代には輪王寺宮法親王が兼務する寺となった。寺領1070石。紙本墨書『洞院公定(とういんきんさだ)日記』(南北朝時代)、注大般涅槃(だいはつねはん)経巻(奈良時代)、紙本墨書篆隷(てんれい)文体(鎌倉時代)は国の重要文化財。正月の初寅詣(はつとらもう)では参詣(さんけい)人でにぎわう。[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

びしゃもん‐どう ‥ダウ【毘沙門堂】

[1] 〘名〙 毘沙門天をまつる堂。
[2]
[一] 岩手県和賀郡東和町にある単立宗教法人。嘉祥三年(八五〇)円仁の開創と伝えられる。安置する木造毘沙門天立像は五メートル近い一木造りの巨像で、国重要文化財に指定されている。成島毘沙門堂。
[二] 京都市山科区安朱稲荷山町にある天台宗の門跡寺院、護法山安国院出雲寺の通称。大宝三年(七〇三)文武天皇の勅願によって創建。はじめ出雲路(上京区)にあったが、織田信長の兵火によって焼失した。寛文五年(一六六五)公海によって現在地に中興され、代々法親王が入山した。本尊の鎮将夜叉毘沙門天像は最澄作と伝えられる。天台宗五門跡の一つ。山科毘沙門天。
[三] 抹茶茶碗。楽焼。本阿彌光悦作。素地は赤色聚楽土。釉(うわぐすり)はやや光沢を消した赤色。口・高台(こうだい)は鋭いへら使いで作られ、口辺から底にかけて三本の火割れがある。京都毘沙門堂門跡に献上されたので呼ばれる。光悦五種の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

毘沙門堂の関連情報