浦安が木の下(読み)うらやすがきのもと

  • うらやす
  • が 木(き)の下(もと)
  • 浦安

精選版 日本国語大辞典の解説

(「木」は、扶木(ふぼく)すなわち扶桑(ふそう)のことで、「山海経」「淮南子」などで、東海中にある神木とされているところから、日本をさすようになった) 日本国の美称。
※浄瑠璃・天鼓(1701頃)万歳「伊勢の国豊うらやすが木のもとで安安と御誕生あれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android