浦安が木の下(読み)うらやすがきのもと

  • うらやす
  • が 木(き)の下(もと)
  • 浦安

精選版 日本国語大辞典の解説

(「木」は、扶木(ふぼく)すなわち扶桑(ふそう)のことで、「山海経」「淮南子」などで、東海中にある神木とされているところから、日本をさすようになった) 日本国の美称。
浄瑠璃・天鼓(1701頃)万歳「伊勢の国豊うらやすが木のもとで安安と御誕生あれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android