コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦田長民 うらた ながたみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浦田長民 うらた-ながたみ

1840-1893 明治時代の神道家。
天保(てんぽう)11年1月28日生まれ。明治4年神祇(じんぎ)省につとめ,翌年伊勢神宮少宮司となる。「神宮明治祭式」をあらわし,神嘗祭(かんなめさい)をはじめ諸祭儀式典を整備した。明治26年10月2日死去。54歳。伊勢(三重県)出身。字(あざな)は穀夫。通称は穀太郎。号は改亭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

浦田長民

没年:明治26.10.2(1893)
生年:天保11.1.28(1840.3.1)
明治初期の伊勢神宮少宮司。宇治山田(伊勢市)に生まれ,安政4(1857)年,伊勢神宮の権禰宜となる。明治維新後,度会県(三重県)の神祇,学校曹長として明治4(1871)年7月の御師大麻の廃止など一連の神宮改革を,神祇官との連絡を取りながら断行した。神祇官出仕などを経て,翌年7月に伊勢神宮少宮司となり,伊勢神宮の崇敬団体である神風講社の結成や神宮大麻の全国頒布に大きな功績を残したが,その急激な神宮改革には功罪相半ばする評価がある。同10年,禰宜降格に抗議して神宮を去った。<著作>『読無字書斎詩鈔』

(阪本是丸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

浦田長民の関連キーワード浦田周次郎明治時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android