コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浪害 ろうがいflood damage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浪害
ろうがい
flood damage

波浪による災害の総称。ただし,おもに海岸地域における海の波浪による災害をさす。浪害は波浪による船舶や構造物の被害と,浸食,運搬,堆積に伴う海岸地形の変化によるものに分けられる。波が海岸に衝突するときの波力はきわめて大きく,スコットランドのウィック港では,防波堤用の 2600tのコンクリート大塊が押倒されたという記録がある。日本では北海道留萌港で 8mの波で 2000tのコンクリートが破壊された。浪害は台風時に大きく,海岸施設だけでなく,道路破損,船舶流失,家屋浸水などを伴う。海岸浸食では新潟で 1927年から 10年間に約 100mも海岸線が後退した。港では漂砂による埋没現象の災害も少くない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浪害
ろうがい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

浪害の関連キーワード洞爺丸台風気象災害海洋災害

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android