コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂砂 ひょうさdrift sand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漂砂
ひょうさ
drift sand

海岸付近の浅い海底を波や流れの作用によって礫が転がって移動する現象,あるいは移動する砂礫の総称。漂砂の堆によって湾口に砂嘴 (さし) ができることがある。京都府の天橋立はこの好例。漂砂が短時間に港の前面の海をうずめてしまうことがある。新潟県岩船港がこの例。漂砂の現象は海岸一帯に起こっていて,砂の堆積だけでなく,海岸浸食の原因にもなる。漂砂のおもな原因には波の運動,これに伴う流れ,潮流などがあるが,漂砂現象は,砂粒の径 0.2mmのものでは毎秒 10cm以上の流速がないと起こらないとされている。漂砂防止の工法には,波の力を減殺するために海岸に直角に防砂堤を築いたり,海岸に平行な平行堤の設置などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐さ〔ヘウ‐〕【漂砂】

海岸付近において、波の運動や潮流により、砂が移動する現象。また、その砂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

漂砂【ひょうさ】

海水の運動(おもに波,潮流,沿岸流)などによって移動する砂,または砂の移動現象。風による移動は飛砂,川の流れの場合は流砂。近年,人間活動によって河川から海への土砂流入量が変化し,その結果,漂砂による砂浜海岸の浸食や港口の封鎖などが問題となっている。
→関連項目砂浜海岸

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうさ【漂砂】

波浪・潮流などによって流動する土砂。また、その移動する現象。河口・港湾などを埋積したり海岸を浸食したりする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漂砂
ひょうさ
littoral drift

沿岸の海底の砂は、波や流れなどの作用によって移動する。このような底質の移動現象と移動する砂をさして漂砂とよぶ。広義には飛砂(ひさ)をも含める。一般に海岸には多かれ少なかれ砂の移動がみられるが、その移動量が多くなると、海岸に突堤などの施設があれば、上手側に砂の堆積(たいせき)、航路・泊地などの埋没がおこり、下手側には海岸侵食が発生して、人家、道路などが危険となる。漂砂には各種の要因が複雑に作用するので、その解析はむずかしい問題である。[堀口孝男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の漂砂の言及

【海岸】より

…バリアの一部は切れて,潮汐の干満とともに外洋と潟湖の間に流れを生じるので,その切れ目を潮口(潮流口)という。アメリカ東岸のバリアは沖浜から直接にあるいは海岸に沿う砂の流れ(漂砂)によって砂が供給され,多くは数千年前に急速に成長し,現在は浸食過程にあるものもある。潟や湾の内側では波浪が弱いので,泥質の細粒物質が堆積して干潟をつくる。…

【海岸浸食】より

…岸沖方向や沿岸方向の漂砂(ひようさ)の平衡が破れて,海岸の土砂が失われ,汀線が後退する現象を海岸浸食(欠壊)といい,浸食が起こっている海岸を浸食海岸という。海浜を構成している砂や礫などの底質は,波や沿岸の流れの作用によってたえず移動している。…

※「漂砂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漂砂の関連キーワードアレキサンドライト海岸侵食対策工法鉄コルンブ石砂金(地学)九十九里浜チタン鉄鉱ゼノタイムキンタ渓谷二次成鉱床堆積鉱床擬金紅石堀川清司漂砂鉱床鳥取砂丘島式漁港自然白金トール石モナズ石錫鉱床自然金

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android