コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海岸地形 かいがんちけいcoastal feature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海岸地形
かいがんちけい
coastal feature

海岸付近の地形。海面と陸地との相対的関係で種々の海岸地形ができる。山地が海岸に迫るところでは,波の浸食によって海食崖ができ,硬い岩石の部分が削り残されて岩礁になったり,軟らかいところが海食洞になったりする。また磯波によって海食崖の前面に波食台 (海食台) ができる。これらは浸食地形である。浸食された岩片は沖のほうに平らな堆積台をつくる。砂浜海岸では堆積地形が発達し,砂丘砂州砂嘴 (さし) ができ,島が砂州で陸続きになった陸繋島もある。陸地が海面に対して相対的に上昇すれば,海面下の海食台や堆積台が海岸段丘となり,沈降すればリアス海岸溺れ谷フィヨルド (峡湾) などができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

海岸地形【かいがんちけい】

海岸付近で海の営力(波浪,沿岸流,潮流など)で作られる地形。海食により形成されるものに海食崖海食台,海浜堆積物の作る地形に砂州砂嘴(さし),浜堤(ひんてい),生物の成育によって作られるものにサンゴ礁などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

海岸地形の関連情報