海岸地形(読み)かいがんちけい(英語表記)coastal feature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海岸地形
かいがんちけい
coastal feature

海岸付近の地形海面陸地との相対的関係で種々の海岸地形ができる。山地が海岸に迫るところでは,波の浸食によって海食崖ができ,硬い岩石の部分が削り残されて岩礁になったり,軟らかいところが海食洞になったりする。また磯波によって海食崖の前面に波食台 (海食台) ができる。これらは浸食地形である。浸食された岩片は沖のほうに平らな堆積台をつくる。砂浜海岸では堆積地形が発達し,砂丘砂州砂嘴 (さし) ができ,島が砂州で陸続きになった陸繋島もある。陸地が海面に対して相対的に上昇すれば,海面下の海食台や堆積台が海岸段丘となり,沈降すればリアス海岸溺れ谷フィヨルド (峡湾) などができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

海岸地形【かいがんちけい】

海岸付近で海の営力(波浪,沿岸流,潮流など)で作られる地形。海食により形成されるものに海食崖海食台,海浜堆積物の作る地形に砂州砂嘴(さし),浜堤(ひんてい),生物の成育によって作られるものにサンゴ礁などがある。海面に対する陸地の相対的な昇降(陸地側が上昇すれば離水,下降すれば沈水)によって,海岸の形態は変化する。たとえば,沈水による溺れ谷(おぼれだに),離水による海岸平野の形成など。このような観点から,海岸線を成因から離水海岸沈水海岸,中性海岸などに分類する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海岸地形の関連情報