コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浪花座 なにわざ

1件 の用語解説(浪花座の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なにわざ【浪花座】

大阪市南区の劇場。1652年(承応1)の道頓堀芝居名代御定の折の松本名左衛門芝居に始まる。芝居街の西端にあったので大西芝居と呼ばれた。元禄期(1688‐1704)には嵐三右衛門,沢村長十郎荻野八重桐らが座本として活躍。大坂の大芝居劇場として角座,中座とともに長く隆盛を誇るが,近世後期には後退し中芝居の劇場となる。天保(1830‐44)末年から筑後芝居と改称,一時盛りかえす。1876年に焼失,再建落成して戎座(えびすざ)と改名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浪花座の関連キーワード大阪市立大学笠寺中座承応東大阪本舞台港南曽根崎三島江本田良寛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浪花座の関連情報