コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浪花座 なにわざ

世界大百科事典 第2版の解説

なにわざ【浪花座】

大阪市南区の劇場。1652年(承応1)の道頓堀芝居名代御定の折の松本名左衛門芝居に始まる。芝居街の西端にあったので大西芝居と呼ばれた。元禄期(1688‐1704)には嵐三右衛門,沢村長十郎,荻野八重桐らが座本として活躍。大坂の大芝居劇場として角座中座とともに長く隆盛を誇るが,近世後期には後退し中芝居の劇場となる。天保(1830‐44)末年から筑後芝居と改称,一時盛りかえす。1876年に焼失,再建落成して戎座(えびすざ)と改名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

浪花座の関連キーワード嵐 三右衛門(10代目)尾上 多見蔵(3代目)中村雀右衛門(3代)中村 霞仙(2代目)坂東 簑助(5代目)中村 歌七(5代目)英 太郎(1代目)市川新升(4代)英 太郎(初代)曽我廼家 十郎曽我廼家 五郎坂東 小三郎曾我廼家十郎曽我廼家五郎白井 松次郎曾我廼家五郎曾我廼家劇花井 蘭子杵屋 富造中村 魁車

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浪花座の関連情報