浮世茣蓙(読み)ウキヨゴザ

デジタル大辞泉の解説

うきよ‐ござ【浮世××蓙】

石畳のような模様を織り出したござ。夏、敷き布団の上敷きに用いた。近世前期に流行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うきよござ【浮世茣蓙】

ござむしろの一種。石畳のような紋様を織り出したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うきよ‐ござ【浮世茣蓙】

〘名〙 石畳のような模様を織り出したござ。夏、夜具の上に敷いた。
※浮世草子・西鶴織留(1694)一「しばしかりねの夢、是に浮世御座(ウキヨコザ)長枕聟に成人の果報」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android