浮城物語(読み)うきしろものがたり

大辞林 第三版の解説

うきしろものがたり【浮城物語】

小説。矢野竜渓作。1890年(明治23)刊。海外雄飛の夢を抱く日本人の一群が、海王丸・浮城丸を擁して、インドネシアの民族独立運動に加わる冒険小説。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android