コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮石土 ふせきど pumice soil

2件 の用語解説(浮石土の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮石土
ふせきど
pumice soil

火山性土の一種。軽石 (浮石) 層が風化して土壌となったもの。鹿沼土はその例。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮石土
ふせきど
pumiceous soil

石英安山岩や流紋岩などの酸性火山岩に由来する火山放出物で、粗粒・多孔質・淡白色の軽石(かるいし)(浮石(ふせき)、パミスともいう)を母材として風化過程を経た土壌をさすが、それに該当する土壌の実例は乏しい。むしろ軽石は細粒の火山灰層(赤土(あかつち)と俗称)の間に挟まれ、埋没した浮石層をなし、台地丘陵の崖(がけ)面に露出してみいだされる場合が多い。その好例は群馬県の赤城(あかぎ)山の爆発性活動による鹿沼(かぬま)浮石層である。また、南関東にみられる東京パミスも箱根火山の活動期の放出物で、いずれも風化の進まないまま厚い火山灰(ローム層)に覆われたものである。しかし、固結していない淡黄褐色の層で一見土壌のようにみえるので、鹿沼土(つち)あるいは東京浮石土などと俗称される。浮石土と一般によぶものは、あまり風化していない軽石(浮石)物質をさしている。[浅海重夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮石土の関連キーワード軽石軽石流火山灰土壌火山性土壌火山性礫岩浮石火山火山性岩屑火山性水成岩浮石質火山性土

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone