海上先取特権抵当権条約(読み)かいじょうさきどりとっけんていとうけんじょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海上先取特権抵当権条約
かいじょうさきどりとっけんていとうけんじょうやく

海上先取特権および海上抵当権についての若干の規定の統一に関する国際条約。船舶先取特権船舶抵当権に関する法制度を国際的に統一することを目的として,1926年にブリュッセルの外交会議で成立したもので,特に船舶抵当権に優先する船舶先取特権の範囲を限定することが主たる目的とされた。その後 67年のブリュッセル海事法外交会議で改正されたが,日本は現行法のたてまえと著しく異なることを理由に,この改正条約全体について棄権している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android