海上都市(読み)かいじょうとし(英語表記)marine city; offshore city

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海上都市
かいじょうとし
marine city; offshore city

新しい都市を計画する際に,環境や敷地による制約を避けて,海上に建設される都市。海を埋立てて土地を確保する方法は,日本でもかなり行われているが,それは狭い土地をふやすのがおもな目的である。それに対して,直接海上に,地上とは異なった都市を建設しようとするのが海上都市計画である。日本では,1959年頃から大高正人菊竹清訓丹下健三,黒川紀章らの建築家によって海上に都市を建設する提案がなされている。菊竹の海上都市案は,海の上に巨大な人工地盤を浮べ,そこから海中と海上に円筒状の住居群を建設しようとするもの。また,丹下健三による東京特別区構想,黒川紀章らのグループによる新首都新島構想,通産省とエンジニアリング振興会による東京湾コスモポリス構想などが出されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かいじょうとし【海上都市】

海洋・湾・湖・河川などに人工的に建設される都市。未来都市として構想されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海上都市の関連情報